クリックしてもらえるバナーの作り方実践編1

このエントリーをはてなブックマークに追加

 実際にフォトショップでバナーを作る前に、バナーを作る時の考え方を説明します。

 目的とターゲットを明確にすること!

 ホームページ制作講座で、何度も「目的とターゲット」をはっきりさせてから実際の制作に入ること!と言っていますが、バナーを作る時も同じです。  バナーをクリックした先のページは、どんな目的でどんな人を対象にしたものなのか。  それによって、バナーにいれる写真や文章が変わってくるからです。  例えば「カニ」  自宅用の安いカニを探している人向けに、安さを売りにしているカニであれば「訳あり○kgで○円」というように具体的な金額などをドドンと載せた方がいいでしょう。(値段を思わせぶりに隠してクリックさせる、という手もありますが)  贈答用の高級なカニを探している人向けに、産地を強調しているカニであれば、その産地や品質の良さを表わす上品なキャッチコピーをつけるべきです。  バナーに使う写真も、キャッチコピーに合わせたものを使います。  ということをおぼえておいてくださいね。  次回はフォトショップの使い方と共にバナーの作り方を説明していきます。  それまでにサンプルバナーを用意しておきますね。今回はサンプルが間に合いませんでした~!確定申告とか色々やってたから。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントはまだありません。

コメントの投稿

トラックバック: http://miraiyanet.com/day/blog/2011/02/24/kouz/trackback/

ホームページ制作&運用講座

ページトップへ