クリックしてもらえるバナーの作り方実践編2

このエントリーをはてなブックマークに追加

バナー作成例その1として、下のようなバナーを作ってみましょう。 バナー作成講座 クリックしたくなりました?(ならねーよと言われた困るけど) 実際に、フォトショップを使う作業は次回から。 今回は、「バナーサイズ」と「バナーに掲載する文章」について説明していきますね。

バナーサイズについて

バナーは大きく分けると、 1)「自分のホームページにつける場合」 2)「他のホームページにのせてもらう場合」 がありますね。 1)の場合は、自分のホームページのサイズやデザインに合わせて作ります。 正方形であったり、長方形であったり、大きかったり小さかったり。 今回の例では、通販ページの左側のナビゲーション部分にはるバナーという設定にしています。 バナ-の位置 左ナビゲーションの横幅が200pxなので、横幅200pxに決めました。 2)の場合は、広告であればサイズはだいたい指定されますので(楽天やヤフー、その他「広告出しませんか?」と言っているホームページ)、その指示に従ってください。 ちなみに、バナーサイズには国際標準があります。 下記のページがわかりやすく説明されているので、参考にしてください。 バナーの国際標準 「自分のホームページにリンクをはる場合はこのバナーをお使いください」とリンクをはってくれる人に指定したい場合は、国際標準で作るといいでしょう。

バナーに載せる文章を考えてみましょう!

これから説明する内容は超基本で、使いふるされた内容ではあります。 しかし、まったくウェブのことがわからない人は、このような基本を知らないために「これバナー?ふーん」と言ったバナーを作ってしまうのです。 ちょっと気をつけるだけでもバナーらしいバナーになります。 まずは基本をおさえましょう! —————————————————————- 言いたいことが沢山あっても、バナーは小さいので掲載できる文章は限られてしまいます。 いかに短く、見た人にクリックさせるグッとくる言葉を選べるかがカギですね。 ということで、「目的とターゲット」を明確にすることからはじめましょう! ~今回のバナーの背景設定~ 「国産牛肉1kgをまとめ買いすることで1,500円。 24時間限定で行うキャンペーンページに誘導するバナー」 「国産」の牛肉を「まとめて」買いで「低価格」が売り。 ターゲットは、まとめ買いでいいんで安くほしい主婦層がメイン。 このような設定の場合、以下の3つがポイントとなります。 1)「安さ」「量」を強調する。 2)主婦層や女性が弱い「限定」的な言葉を使う 3)最近通販でよく検索される「まとめ買い」という言葉を使う 1)の具体例 「具体的な数値を入れる」 →○kg、○円、   セールの時であれば、「○%オフ」「○円引き」とか。 正直、ひねりがないですが、ストレートでわかりやすいですね。 2)の具体例 「期間限定」「今だけ」「タイムセール」など、今すぐ買わなくちゃ損!と購入者の心を揺さぶる言葉。 3)の具体例 「まとめ買い」「業務用」など。 3)については、ちょっと難しいですかねー。 ここ数年、通販では「訳あり」や「まとめ買い」や「業務用」という理由があるので安くしますよ、という手法がよくとられています。 このような「訳あり」「まとめ買い」「業務量」という言葉で商品を探す人が多いということですから、このような言葉を使っていると、目を引きやすいということです。 こういう言葉は、沢山のホームページを見て研究しているとだんだんわかってくるものです。 有名な通販や売れてるページを研究して、いいところは真似してください。(ぱくったらだめですけど) ちなみに、Googleキーワードツールを使うと、どんなキーワードで検索がよくされているか調べることができるので、バナーの文章を作る時の参考になります。 以上、バナーの文章を考える時のポイントをあげていきました。 目的やターゲット、掲載するページの内容、デザインもろもろの影響で、絶対にコレ!と言いきることはできません。 ですが、上記のような事を気をつけると、クリックされる可能性は高まるので、心の片隅にとめておいてくださいね。 さらに上級者になると、心をゆさぶるようなキャッチコピーを考えるでしょう。 「残念な人の思考法」というタイトルの本がありましたが、これはあえて「残念な人」という説明したい内容とは反対の人をあげることで購入者心理をついているのではないかなーと思います。ま、本を読んでいないので推測ですが(笑) キャッチコピーの作り方の本はたくさんでていますので(ウェブに限らず)、そういった本も参考にしてみるといいですよね。 次回は実際にフォトショップを使ってバナーを作っていきます。 それではまた~。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントはまだありません。

コメントの投稿

トラックバック: http://miraiyanet.com/day/blog/2011/03/03/bn-2/trackback/

ホームページ制作&運用講座

ページトップへ