クッキーで自分のアクセスを除外する方法(Google Analytics非同期トラッキングコードの場合)

このエントリーをはてなブックマークに追加

アクセス解析では、何も設定しなければ自分のアクセスもカウントされてしまいます。 Google Analyticsの場合、 1)固定IPの場合はIPアドレスで除外する 2)動的IPの場合はcookie(クッキー)で除外する 方法があります。 固定IPか動的IPかは、使っているプロバイダに確認してください。 固定IPの方が料金が高いので、個人の場合はだいたい動的IPではないかと思います。 クッキーでの除外の仕方は、googleのヘルプにもあるのですが、説明をはしょりすぎていて意味が分かりません(笑) また、「ga.js トラッキング コード」を使っている場合は、設定の仕方をわかりやすく説明したブログがあるのですが、新しい「非同期トラッキングコード」の場合は記事がなかなか見つかりません。 ということで、この記事では「非同期トラッキングコード」を使用している場合の、クッキーでのアクセス除外の仕方を細かく説明していこうと思います。 ちなみに、非同期かどうかは、現在ホームページに設置しているトラッキングコードが</head>の直前で、トラッキングコードが ———————————————————————– <script type=”text/javascript”> var _gaq = _gaq || []; _gaq.push([‘_setAccount’, ‘UA-XXXXXXXXX-X’]); _gaq.push([‘_trackPageview’]); 以下略 ———————————————————————– のように、_gap.pushとなっているコードです。 以前の、「ga.js トラッキング コード」は、↓のようになっています。 ———————————————————————– var pageTracker = _gat._getTracker(“UA-XXXXXXXXX-X”); pageTracker._trackPageview(); ———————————————————————– 「ga.js トラッキング コード」を使っている場合は、この記事の設置の仕方だとうまく設定できないと思います。 「ga.js トラッキング コード」のクッキーでの除外は、こちらのブログ記事がわかりやすく説明されています。 http://japanism.info/googleanalytics-cookie.html では、続きから「非同期トラッキングコード」のクッキーでの除外の方法を説明していきます。 htmlを編集できるソフトと、analytisの画面と、ffftp等のファイルをアップロードできるソフトをご用意ください。

(1)まず、htmlファイルを作ります。

新規にhtmlファイルを作成します。 ファイル名は何でもいいのですが、自分以外の人にアクセスされると困るので、安易な名前でなく複雑なファイル名にした方が良いでしょう※設定が終わった後、そのファイルを削除してしまえば問題ありませんが。 今回は、仮にvalue.htmlと命名します。 ファイルを作ったら、 以下のように設定します。 クッキーで除外設定1 ①<meta name=”robots” content=”noindex,nofollow”> 検索エンジンに登録されないようにするためのタグです。 (完全に検索エンジンをはじくことはできませんが) ②の箇所には、現在自分のホームページの</head>直前につけているトラッキングコードをコピーして挿入します。 ③も必ずいれてください。 そして、この<body onLoad=”javascript:_gaq.push([‘_setVar’,’test_value’]);”>は他のhtmlファイルには絶対にいれないでください。 htmlファイルの記述は以下のようになります。 ※charset=utf-8は、自分のホームページと合わせてください。 ———————————————————————– <html> <head> <meta http-equiv=”Content-Type” content=”text/html; charset=utf-8″> <meta name=”robots” content=”noindex,nofollow”> <meta http-equiv=”Content-Script-Type” content=”text/javascript”> <title>Set cookie</title> (ここにトラッキングコード) </head> <body onLoad=”javascript:_gaq.push([‘_setVar’,’test_value’]);”> </body> </html> ———————————————————————–

(2)サーバーに(1)で作ったファイルをアップロードします。

(1)で作ったvalue.htmlをffftp等を使用して、アクセス解析を設置しているサーバーにアップロードします。 もし、そのホームページのURLがhttp:/www.xxxxxxxxxx.co.jp/であれば、 http:/www.xxxxxxxxxx.co.jp/value.html となるはずです。

(3)GoogleAnalyticsのフィルタマネージャーを設定します。

GoogleAnalyticsを開いてください。 「Analytics 設定 > フィルタ マネージャ」でフィルタを追加します。 そして、下図のように設定します。 クッキーで除外設定2 さらに、その下の「プロファイルにフィルタを適用」で、 http:/www.xxxxxxxxxx.co.jp/を左から右へ移します。 クッキーで除外3 ここまで設定が終わったら「変更を保存」します。

(4)アップロードしたhtmlファイルに、アクセス除外したいパソコンのブラウザでアクセスします。

アクセス除外したいパソコンのブラウザで、(2)でアップロードしたファイルにアクセスします。 例)http:/www.xxxxxxxxxx.co.jp/value.html このファイルにアクセスすることで、クッキーが設定されます。 設定はブラウザごとに行われますので、もしインターネットエクスプローラ、やファイヤーフォックス等、複数のブラウザでホームページを閲覧しているのであれば、除外したいブラウザすべてでアクセスしてください。 これで、アクセス除外の設定が終わりました。 このファイルにアクセスするとカウントされなくなるので、設定が終わったらファイルは削除した方がいいでしょう。 もしくは、パスワード制限をかけて特定の人しか入れなくしてください。 自分でクッキーを削除してしまった場合(IEの場合は、「ツール」→「インターネットオプション」→「全般」で削除)は、value.htmlに再度アクセスして設定しなおさなくてはなりません。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントはまだありません。

コメントの投稿

トラックバック: http://miraiyanet.com/day/blog/2011/04/11/cookie/trackback/

ホームページ制作&運用講座

ページトップへ