ホームページを使って商品を売りたい人が身につけるべき知識4

このエントリーをはてなブックマークに追加

アクセス解析の結果から、ホームページを改善するなどして売上をあげるにはどうしたらいいか。 今回は、具体的にアクセス解析の結果から、どのようにページを改善していけばいか、を説明します。 売上を上げるためには、 1)アクセス数を上げるにはどうしたらいいか 2)コンバージョン(転換率)を上げるにはどうしたらいいか 3)客単価を上げるにはどうしたらいいか を考えます。 1)については、SEOや広告の話になるので今回は省略。 この記事では、主に、2)と3)についてのお話になります。

コンバージョン(転換率)を上げるには

アクセスはそこそこあるのに、買ってくれる人が少ない(コンバージョンが低い)、という場合に考えられる原因は 1)ページが悪い 2)商品にニーズがない 2)の場合は商品自体の問題になってしまうのでここではふれません。 1)ページが悪かった、を前提に話を進めます。 アクセス解析で ・直帰率 ・平均滞在時間 ・平均ページビュー数 を見てください。 「直帰率が高い」「平均滞在時間が短く」「平均ページビュー数が低い」 の3つがそろっていのであれば 『ページの作りが悪い』可能性があります。 ・自分が今どこにいるのかわからない ・すぐに迷子になってしまう ・カテゴリーが分かりづらくて、探しているものが見つからない ・リンクがどこにあるかわからない などなど。 「訪問者」にとってわかりにくいページ作りになっていないか? 自分のホームページを見直してみてください。 チェック項目としては、以下を参考にしてください。 ものすごくナビゲーションが悪いページを改善したら、すぐに売り上げが上がった!ということがありました。 訪問者にストレスを与えないページ作りは、とても大事です。

思わず買いたくなるような商品ページを作る

ページは見てもらっているようだけど、購入まで結びつかないのであれば、その商品ページに魅力がないのかもしれません。 これは、扱っている商品によるので一概にまとめてこうするべき!とは言えません。 自分ではなかなか気付きにくものなので、第三者に見てもらうのがいいでしょう。 また機会ありましたら、ジャンルごとにページ作りのコツを紹介していきますね。 明らかに写真が悪く、実際の商品以下に見えるものを変更したら、すぐに売り上げがあがったことがあります。 写真は大事ですね。

客単価をあげるには

客単価をあげるには、「まとめ買いを促す」ことが一つの方法です。 これについては、以前、下記の記事で説明しましたので、詳しくはそちらをご覧ください。 「○円以上で送料無料!」の付け方~客単価をあげるためのテクニック 扱っている商品が安価なものである場合は、まとめ買いさせるように工夫することが特に大事です。 ————————— 以上で、ホームページを使って商品を売りたい人が身につけるべき知識「アクセス解析関係」は終わりです。 アクセス解析のデータを一生懸命とっても、「分析→ホームページを改善」ができなければ意味がありません。 しっかりとデータを活用してくださいね。 最後まで読んでくださって有難うございました!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントはまだありません。

コメントの投稿

トラックバック: http://miraiyanet.com/day/blog/2011/04/18/know-2/trackback/

ホームページ制作&運用講座

ページトップへ