ツイッター懸賞を試してみましょう!(3)

このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター懸賞を試してみましょう!
第3回は、
・「ツイッター懸賞募集ページの作り方」
・「ツイッターボタン」の付け方
・「フォローボタン」の付け方
・臨場感を出すウェジットの付け方
・「短縮URL」の取得方法 ・ちょっとこった指定つぶやきを投稿する方法 
の5つについて説明していきます。 
ちょっとHTMLの知識が必要なりますが、そんなに難しい話ではないので構えず読み進んでくださいね。 

※ここで紹介するアカウントやキャンペーンは架空のものです。

「フォローボタン」や「ツイートボタン」をつける

フォローボタンは↓ ボタンを押すと、すぐにフォローできるページが表示されます。

  ツイートボタンは↓ 呟いてほしい文章やそのページのURLが表示されます。 

ただ「ページにフォローして下さい」この「文章をつぶやいてください」というだけでは不親切なので、こういったボタンをつけておくといいですね。 さて、このボタンはどうやって設置するかと言うと、ツイッターが提供しているサービスを利用します。 まず、ツイッターの自分のページの右側下を見てください。 小さく「素材」という文字がありますね。そこをクリック。 ツイッターボタン するとこういう画面が現れます。 ツイッターボタン それぞれのページのやり方にそって、ボタンを作成。 (ここはツイッターの公式の説明通りにすればすぐにできるので省力します) 生成されたHTMLソースをそのままコピーし、自分のサイトの表示したい部分にペーストすればOKです。 この2つのボタンを懸賞募集ページに設置するだけでも、応募者にとって「応募のしやすさ」がドンと上がるので、面倒くさがらずにつけてみてください。

リアルタイム感を出してみよう!

懸賞応募サイトで、こんなのみかけたことありませんか?

これは、応募してつぶやいてくれた人のつぶやきを一定間隔で表示することで、臨場感を出しています。  表示の仕方は、先ほどボタンを作成した「素材」の中にある【ウェジット】を使います。 【ウェジット】→【自分のサイト】→【検索ウェジット】をクリック。  どのツイートを表示させるかは、「高度な設定」で指定します。

ツイッターウェジット

懸賞要項で、つぶやく指定文章の中に、ハッシュタグ「#kaimin」が入っていたとしたら、 「高度な設定」のところに#kaiminと入力します。 これで、#kaiminが入ったつぶやきのみが表示されます。

短縮URLについて

懸賞サイトに登録していると、たまに「短縮URLで企画ページを入力してください」と指示されることがあります。 短縮URLというのは、そのままずばり、URLを短縮したものです。 この短縮URLを生成する無料サイトは沢山ありますので、そこで取得することができます。 
1サイト様を紹介しておきますね。

http://p.tl/

こちらで、本来のURLを入力してボタンをクリックするだけど短縮URLを取得することができます。

こったデザインでツイートボタンを表示させよう

例えば、こんなボタン↓

  つぶやいて応募

これは、HTML上は、↓このようになっています。

太字の部分が必要です。 <a href=”http://twitter.com/intent/tweet?text=「ここに指定文章」”>ボタンの画像</a>

ここで重要なのが、「ここに指定文章」の個所。 日本語のままではだめなのです。
『URLエンコード』という日本語などの文字列を、特殊なコードに変換しなくてはいけません。 この変換は、下記のサイト様が使いやすいです。

http://www.tagindex.com/tool/url.html

エンコードの際は、文字コード「UTF-8」を選んでください。
エンコードしたコードを「ここに指定文章」にいれたら完成です。

かなり長くなりましたが今回はここまで。 次回は、当選者への連絡編です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントはまだありません。

コメントの投稿

トラックバック: http://miraiyanet.com/day/blog/2011/11/02/twit-3/trackback/

ホームページ制作&運用講座

ページトップへ