外注する際の注意点(3)SEO編

すぐに結果はでない、順位は変動する、ということを頭にいれておく。

SEOをしてもすぐに結果がでるものではありません。「すぐに結果が出せる」とうたっているSEO業者はあやしいです。
また、検索エンジンの技術が変われば順位も変わります。もっともな理由もなく長期間固定料金のSEO費をとる業者は気をつけてください

「必ず1位になれるわけではありません」
SEOの料金は、サイト制作料金以上に慎重に対策業者にきちんとどんな対策をしてどのような効果が出るのかを確認してください。

SEOにそってサイトをつくりかえることができるのか。

SEOには外部対策と内部対策があり、内部対策は自サイトを修正しなくてはなりません。
例えば、あなたのサイトが一昔前のテーブルレイアウトのままだとすれば、フルCSSレイアウトに変更するよう業者から提案されるかもしれません。その場合は、サイトを丸ごとつくりかえる必要がでてきます。
titleタグの修正だけとか、画像にaltをつけるくらいの小さな修正であればまだいいのですが、上の例のようなサイトをまるごと修正する必要がでてきた場合、その対応をどうするのか考えてください。
自社で技術者を採用するのか、もしくは外部に依頼するのか。
SEO業者はホームページ制作のサービスも兼ねているところが多いようですので、セットになっているかもしれません。
ホームページ制作会社に依頼する場合と同じで、対策業者に問い合わせてどんな対策を施し、それにどのようにお金がかかるのか契約前にしっかりと確認してください

うちに登録すると被リンクが増えますよ!というタイプは気をつけて。

外部からのリンク(被リンク)が増えると、SEO的に有利と言われています。(ただし、数が多いだけではだめ)
被リンクが増えるタイプのサービスはちょっと気をつけてください。検索エンジンスパムを使っているかもしれません。

検索エンジンスパムというのは、検索エンジンから見ると不正行為です。
スパムと呼ばれる行為は色々あるのですが、例えば「画像のaltに不必要にキーワードを並べる(<img src="space.img alt="ホームページ制作 ホームページ制作 ホームページ制作 ホームページ制作">)」とか、「背景とテキストの色を同じにして、キーワードを大量に並べる」と言った行為があげられます。
スパム行為と検索エンジンにみなされると、検索エンジンのインデックスから削除されてしまいます。これからますます検索エンジンの技術が発達すれば、ちょっとしたスパム行為でも見つけられて削除されることがあるかもしれません。

上記のようなスパム行為を行っている業者は残念ながらあります。もちろん、きちんとしたネットワークを持っていて、サイトと関係あるテーマのサイトからのリンクが増えるサービスを提供している業者もあるでしょう。
まず、どのような方法で被リンクを増やすのかきちんと確認してください。