サイトが良いだけではだめですよ

ターゲットにとってわかりやすい・使いやすい良いサイトを作っても、サイトで扱っている商品が需要のないものだったり、粗悪品では意味がありません。
また、どんなに良いサイトを作っても、サイトの存在を知って見てもらわなければ意味がありません。

サイトで扱っている商品は需要があるものですか?
ターゲットを満足させられるものですか?

「商品」とは、サイトで扱っている商品(サービス)のことです。
その商品は、需要があるものでしょうか?ネットで扱うことに意味があるものでしょうか?
サイトでうたっている内容と商品が大幅にかけ離れたものだったりしませんか?
当たり前のことですが、商品が悪くてはどんなに良いサイトを作っても意味がありません。
リピーターがつかず悪いレビューがつく。最初は良かったとしても、売上が伸びることはないでしょう

売れないものは「すっぱりあきらめる」、もしくは売れるような「理由」や「価値」をつける、どちらかでしょう。
「訳あり商品」はそのままだと売れない商品を売れる商品にかえたよい例です。最近わざと訳ありにするという話も聞きましたが、それはそれでありなのか…?

お問い合わせの対応や発送にお客様は満足していますか?

お問い合わせがあった時、クレームが来た時に素早い対応ができるでしょうか?
商品の送り間違えはありませんか?発送は素早くできていますか?
商品そのものだけでなく、商品に関わるすべてに気を配りましょう。
ネットでは、特に「素早さ」を求められるように思います。
商品が売れて忙しくなると、お問い合わせ対応や発送に不備が出やすくなりますので、必ず業務の見直しをしましょう

ネット慣れしている人は、素早く対応するだけでは当たり前のこととしか受け取ってくれません。
プラスアルファの工夫で好感度を上げる努力をしてください。

以前、楽天の人気ショップで買い物をした時のこと。注文後の対応メールがとても丁寧で、普段レビューなんて書かないに思わず書いてしまったことがあります。これも売り上げを上げるための手だとわかっているのに!
何が良かったかというと、備考欄に書いた内容をきちんと読んでいることが分かる細やかな対応をしてくれたことです。
同じような値段で同じようなものを売っているショップは他にもあるのですが、どうせなら気持ちよく買い物をしたいものです。
ちなみにそのサイト、商品のアピールは上手なのですが、デザイン性という点から見ると大したことないのです。

サイトの存在は知られていますか?

どんなに良いサイトを作っても、人が来なくては意味がありません。
サイトの存在を知ってもらいましょう。

方法としては、SEOの他に【(3)サイトを公開したら存在をアピールする】で説明した、Google Search Consoleの利用、サーチエンジンへの登録、ブログ、ツイッターなどの利用、ディレクトリ型検索エンジンへの登録、広告などがあげられます。

まずはお金のかからない無料のものからはじめましょう。使えるものは使いきってください。
無料ツールには限界があります。上を目指すなら有料のサービスを検討してください。ただし計画的に、まずは低価格のものから。