通販サイトのためのお役立ち情報

支払方法、発送、返品方法はしっかり記述し、分かりやすい位置に入り口をおく。
問い合わせしなくても、スムーズに購入できるようなサイト作りを。

購入者にとって、支払方法、発送、返品はとても重要な内容です。
これらの内容を記載したページの入り口は、サイトのレイアウトに合わせて、ターゲットが分かりやすい場所に配置しましょう
グローバルナビゲーション、もしくは補足ナビゲーションの位置がいいかと思います。タテに長いページの場合はコンテンツの右か左のどちらかにつける場合もありまし、サイトの構成によっては全ページのフッターにショッピングガイドを設けることもあります。(楽天サイトはたいていそうですね)

せっかく商品が気に入っても、購入に関する情報がすぐにわからなかったり、不安感を感じたり、面倒だと思ったりしたら購入をやめてしまうかもしれません。
特に知名度が低いショップであればあるほど、購入者は「大丈夫かな?本当に届くのかな?もし不良品だったらどうしよう」と不安になります。
電話やメールで問い合わせをしなくても、サイトを見ればスムーズに購入できるショッピングガイドのページを作成してください。

「よくある質問」をまとめたページを作るのも一つの手です。
大手通販サイトは購入方法やよくある質問のページを上手に作っていますので参考にしてください。

支払方法を充実させる。

支払方法が少ないと購入を断念されてしまう場合があります。
例えばクレジットカードを持てない10代をターゲットにした商品が多いのであれば、郵便振替や銀行振り込みを充実させましょう。
安価な商品であればあるほど、振込手数料や送料が気になるものです

配送業者の不備はあなたのショップのクレームです。

指定日や指定時間に届かなかったというクレームは、悪いのは配送業者でもあなたのショップのクレームです。
営業妨害になってしまうのでどことは言いませんが、料金が安いからといっていい加減な業者を使わないように
安いには安いなりの理由があるのです。
小荷物は得意でも大きな荷物が苦手な業者もあります。ショップで扱っている商品の性質に合わせて配送業者を選択しましょう。

商品の梱包ミスを防ぐために。

注文が増えてくると商品の入れ間違えや入れ忘れが出てきます。そういった不備はお店の評判を悪くします。手が回らなくなる前に業務の見直しをしましょう。

通販に慣れていない人が意外と知らない、ミスをしないセット商品の作り方を紹介します。
A、B、Cの3つを入れたセットを1,000個作る場合で説明します。

セット商品の作り方

先に部材を数えて並べておくのがポイントです。
これは商品発送にも応用できます。(扱っている商品の性質にもよるので、全てにあてはまるわけではありませんが)
個人情報の取扱が厳しくなっていますので絶対に納品書の入れ間違えはしないように、自分が扱っている商品の性質を見極めながら梱包作業をマニュアル化し、ミスがないようにしましょう。

在庫管理はネットの在庫管理システムだけで安心せず、商品を積んである棚に在庫表をつけておくなどしてアナログの管理も忘れずに。
ネットでは在庫ありになっているのに実はなかった!ということがないように。

問い合わせやクレームには素早く対応。

ネットショップの場合、通常の電話問い合わせや手紙での問い合わせよりも、早い対応が求められているように思います。
素早く丁寧に返信してください。

ちょっとした気配りで他社に差をつける。

メールの対応が良かったとか、可愛いメッセージカードやおまけがついていたとか、小さなことでも意外と購入者は覚えているものです。
その積み重ねが他社との差別化につながります。
特に、値段や商品が似たり寄ったりで他者と差をつけにくいものを扱っているのであれば、そういったところで差をつけるようにしましょう。

コツは、購入者に「なんて私のことを一生懸命考えてくれているんだろう」と思わせることではないかと思います。

自サイトが扱っている商品がどういうタイプのもので、どのように売っていくのがいいのかをはっきりさせておきましょう。

扱っている商品やタイプによって、サイトのつくりや売り方が変わってきます。
【(3)コンセプトのたて方(目的・ターゲット・それから通販サイトの場合)】で紹介した本を読んで、まず自分のサイトについて知ってください。
そうすることで無駄がなくなるはずです。

写真は美しく。
ただし、商品によっては実物とあまりにかけ離れると評価が下がる場合あり。

当たり前ですが、写真は美しく、購入したくなるものを使った方が良いです。
ただし、例えば服や靴、宝石といった身につける商品は、実物とあまりにかけ離れて美しすぎると、評価が下がる危険性が大いにあります。
写真で期待感が高まったためがっかり感が大きくなったのです。同じ商品でも、期待が低いと評価が高くなることもあります。
人の価値観を統一することはできませんので、レビューの状況を見ながら写真を調整してください。

「商品の色」はディスプレイによって色の見え方が変わるので全ての人に同じように見えるようにすることはできません。しかし、何台かのパソコンで確認してなるべく違いがないようにするのが理想的です。
「白」「ベージュ」「アイボリー」といった色は、サイト上で見栄え良く加工するのが難しいと思います。逆にモニター上で映える色もあります。もしこれからネット販売中心の商品の開発を考えているのであれば、パッケージの色にも配慮した方がいいのではないかな、と個人的に思います。

スケジュール表をつくる。

通販サイトはやることがたくさんあります。
「今何のキャンペーンしてたっけ?」とか「メルマガうつの忘れてた!」ということがないように、今何をしているか把握するためのスケジュール表を作ることをおすすめします。
エクセルでもワードでも、なんでもいいので、サイト内の企画、メルマガ配信、広告など一覧でわかるようにしましょう。
スケジュール表の内容は、あなたのサイトの性質によって項目が変わってきます。右図は通販サイトの場合の一例です(クリックするとPDFファイルが開きます)。
スケジュール

商品の入荷予定、売上、アクセス数、コンバージョンの項目にいれておくと商品入荷、広告、メルマガに効果があったかどうかを一緒に把握することができます。
上のスケジュール表は簡易的なものですので、実際にスケジュール表を作る場合は、項目がもっと多くなるかと思います。

これからネットショップをはじめようと考えている方に。

「サイトを作れば売れる」と甘いことを考えているのであれば、最初から手を出さない方が賢明です。
ネットショップは本当に手がかかります。利益を上げるためには、サイト、広告、メルマガ、その他もろもろやること覚えることがたくさんです。しかも、それらのことはすでに他のネットショップもやっています。

私は2003年~2005年ごろ通販の仕事をして、その後数年ブランクをおいて2010年に通販の仕事にまた携わりはじめました。
5年前に比べると、通販のツール(ショッピングカートシステムやメルマガ、ブログやツイッターなど)の選択肢が増えた分、やらないといけないことが多くなり、またネット通販が当たり前になった分、競合が多いために売り上げを上げるのも難しくなってきたように思います。

利益を上げるためにはたくさん勉強して工夫してください。
専門業者に頼めば良いサイトはできるかもしれません。しかし、そこにお金をかけ過ぎては意味がありません。売上と相談しながら検討してください。
勉強するの面倒くさいなんて甘ったれたことを考えているなら、ネットショップには手を出さないことです。