ターゲットのことを考えてサイトをつくりましょう

趣味のサイトは自分のためのサイトですから、自分がしたいように作ってかまいません。作る側のスタンスは「見たい人が見たらいいじゃん」でしょうから。
しかし、「売上を上げる」とか、「知名度を上げる」といった目的がある商用サイトを自分本位に作っても目的を達成することはできません。(もちろん例外はありますが)
かっこいいデザインやセンスの良いデザインでなくてもいいのです。
まずは「ターゲットにとってわかりやすい内容だろうか?」「ターゲットにとって使いやすいサイトになっているだろうか?」考えてください。そちらの方が重要です。
サイトは「ターゲット」のことを考えて作りましょう。

ターゲットは「企画」のコンセプトシート作成の段階で決定する。

ターゲットは「企画」のコンセプトシート作成の段階で決定します。
コンセプトがないサイトは、必ず制作途中やサイト公開後にブレが生じます
コンセプトをしっかりと考えてください。
複数でサイト制作をする場合はコンセプトを全員で共有してください。

コンセプトについては、【(3)コンセプトの重要性】【(3)コンセプトのたて方(目的・ターゲット・それから通販サイトの場合)】【(3)コンセプトのたて方(サイトイメージ・カラー)】で説明しました。

迷った時は「コンセプト」にかえってください。

コンセプトはサイトの根幹です
全ての作業をコンセプトを元に行ってください。そして、制作・運用の過程で迷いが生じた時はコンセプトにかえってください。
サイト公開後に何をしてもうまくいかない時は、もしかするとコンセプトそのものに間違いがあるのかもしれません。(例:ターゲットの年齢層が違っていた)その時は、コンセプトを見直しましょう。

「見てほしい人(ターゲット)」に、しっかりと伝えることができるサイトを目指しましょう。

サイトに掲載している内容は、見てほしい人、つまりターゲットにしっかり伝わらなくては意味がありません。そして、ターゲットにあなたが起こしてほしい行動を起こしてもらわなくてはなりません。
くどいようですが、「ターゲットにとって」使いやすい、わかりやすいサイトを目指してください。決して自己満足にならないように。

相手は「目の前にいない人」です。

当たり前のことなのですが、意外にわかっていないように思います。
相手は目の前にいません。サイトに興味がなければすぐに逃げます。同じ物を売るのでも、対面販売とネット販売では手法が違います。
アナログの経験が豊富な人ほどアナログ思考が抜けないようなので「相手は目の前にいない」ことをもう一度思い出してください。