次にあなたがつくります。

次にあなたがつくります。

この項目では、あなたがホームページを作ることを前提に、企画から運用まで「何に気をつけて」作業を進めたらいいのかを説明します。
難しい言葉をなるべく使わないようにイラストを交えて説明していますが、わからない言葉が出てきた時はすぐにYahooやGoogleで調べましょう。
【ポイント】部分に特に注意して!
サイトを構成する全てに、そうなるべき「理由」があります。
その理由に基づいてサイトを作ってください。

しつこいようですが、企画から運用までの流れ(重要)

「作る前」に「企画」と「設計」をしっかりと。
「作った後」に運用をしっかりと。

サイト制作・運用の流れは下記のようになります。
制作会社や人によって言い方や細かい工程は変わります。
また、サイトの目的や仕様(たとえば楽天のモールを利用する、大規模な会員システムをつくるなど)やスケジュールによって作業が減ったり増えたり前後したりしますし、スマートフォンやタブレットの登場によって出てきた「レスポンシブ・ウェブデザイン」のサイトを制作する場合、この基本的な流れで行うのは難しいようです。
実際のサイト制作では、下記のように順番通りにはまず進みません。「①企画」の4、「②設計」の1~3、「③制作」の1は同時進行することが多いです。
理論通りにはいきません。臨機応変に。

企画
  1. 調査
  2. コンセプトをたてる
  3. コンテンツ(内容)・企画出し
  4. サイトマップ作成
その他、「プロジェクトメンバーの役割」、「スケジュール」、「予算」、「プロモーション方法(広告など)」 、「CGI等のプログラム、フラッシュ、動画等の利用の有無」などを検討します。
設計
  1. ページ遷移・ナビゲーション設計
  2. ディレクトリマップ作成
  3. ワイヤーフレーム作成
  4. 制作ルールの決定
また、企画の段階で検討したその他の事項をここでさらに検討し、詳細を決定します。
制作
  1. デザイン
  2. 各ページ作成(文章作成、画像加工他)
  3. コーディング
  4. プログラミング
  5. サーバーアップ(テスト→本番)
デザイン~プログラミングは同時進行となることがほとんどです。
運用
  1. GoogleやYahooの無料ツールの利用
  2. 検索エンジンやサーチへの登録
  3. リスティング広告等の利用
  4. アクセス解析
  5. 日々の更新・修正
サイトの目的を果たすため、あれこれ試す毎日が続きます。

※本格的にSEOをする場合は、企画から運用までの全ての工程にSEOが絡みます

この4つの段階で、専門的なソフトやプログラムなど、取得に時間がかかる技術・知識が必要になるのは「③制作」です。
「①企画」「②設計」「④運用」で使うのは、せいぜいワードやエクセルといったよく使うオフィスツールとウェブサービス。
そしてあなたの根気です

プロが作ったものと素人が作ったものでは差が大きいのですが、お金をかけられない状態であるならば、かけられる状態にもっていけるように、まず「①企画」「②設計」「④運用」をがんばることです。
無駄な努力をしないように、それぞれの段階で気をつけるべきことをこれから説明します。

「コンセプト」をたててください。迷った時は「コンセプト」にかえってください。

制作から運用までの流れの中のすべてが大事なことですが、もっとも大事なのは「コンセプト」だと私は考えています。
コンセプトはサイトの根幹です。これが決まっていないとサイトが迷子になります。
サイト公開後、何をしてもうまくいかない時は、もしかするとコンセプトそのものに間違いがあるのかもしれません。(例:ターゲットの年齢層が違っていた)その時はコンセプトを見直しましょう。
コンセプトとはどんなものか、どのように決めるのかは【コンセプトの重要性】で詳しく説明します。

「見てほしい人(ターゲット)」に、しっかりと伝えることができるサイトを目指しましょう。

これからの説明するのは、あなたが売り込みたい商品(サービス)の内容を見てほしい人にしっかりと伝えることができるサイトをつくり、かつ、それを見てほしい人に知ってもらうための作業です。
お金をかける前に、まずはなるべくお金をかけない方法で。